膝痛 サプリ 効果

関節の成分をご存知ですか?

関節の成分

関節の成分2

画像4

 

 

 

たくさん販売されている関節用のサプリメントを

 

非変性U型コラーゲンの配合量が多い順にランキングにしました。

 

もちろん、おすすめは非変性U型コラーゲンが配合されているサプリメントです。

  商品名 通常価格 定期価格 1日摂取量 非変性U型コラーゲン プロテオグリカン ヒアルロン酸 その他 詳細
深潤EX 深潤EX 4,980円(税込) 4,731円(税込)送料無料 1粒 40mg 25mg 詳細
ニコラプロ ニコラプロ 4,800円(税別) 3,600円(税別)送料無料 1粒 12.8mg 9.6mg キャッツクロー80mg 詳細
暮しの匠 暮しの匠 7,350円(税込)送料無料 5,880円(税込)送料無料 6粒 10mg 7.5mg 200mg グルコサミン600mg 詳細
北国の恵み 北国の恵み 5,960円(税込) 4,990円(税込)送料無料 3粒 10mg 5mg 1mg 詳細
皇潤極 皇潤極 13,800円(税込) 9,720円(税込)送料無料 6粒 10mg 詳細
ロコモプロ ロコモプロ 5,940円(税込) 5,940円(税込)送料 2粒 詳細
タマゴサミン タマゴサミン 4,104円(税込)送料 3,899円(税込)送料無料 3粒 グルコサミン400mg
コンドロイチン46.5mg
iHA50mg
詳細
イタドリ イタドリ 2,400円(税別) 2,160円(税別)送料500円 3粒 グルコサミン1000mg
コンドロイチン
オオイタドリ
詳細
プロテウォーク プロテウォーク 6,280円(税別) なし 3粒 変性50mg
変性は体内に吸収されていくと言われています。
50mg 5mg グルコサミン30mg
コンドロイチン30mg
詳細
ステラ漢方のグルコサミン ステラ漢方のグルコサミン 3,524円(税別) 3,172円(税別)送料無料 3粒 グルコサミン
オオイタドリ
詳細
キユーピーのヒアルロン酸&グルコサミン キユーピーのヒアルロン酸&グルコサミン 6,156円(税込) 5,848円(税込)送料無料 5粒 200mg グルコサミン600mg
コンドロイチン60mg
詳細
サンポス サンポス 7,400円(税込) 5,920円(税込) 1包 180mg グルコサミン1800mg
コンドロイチン1000mg
詳細
やわた国産グルコサミン やわた国産グルコサミン 2,160円(税込)送料216円 2,052円(税込)送料216円 3粒 3mg グルコサミン750mg
コンドロイチン15mg
詳細
ありがとうイカのコンドロイチン ありがとうイカのコンドロイチン 3,685円(税別)送料無料 3,285円(税別)送料無料 3粒 グルコサミン
コンドロイチン
詳細
国産グルコサミン&ヒアルロン酸 国産グルコサミン&ヒアルロン酸 1,850円(税別)送料無料 1,750円(税別)送料無料 3粒 グルコサミン 詳細
楽潤 楽潤 3,400円(税込) なし 2粒 コンドロイチン
ECM・E
詳細
N-アセチルグルコサミン N-アセチルグルコサミン 4,191円(税別)送料600円 3,772円(税別)送料無料 1粒 グルコサミン1000mg 詳細
ヒアルログルコ ヒアルログルコ 3,300円(税込)送料別 2,800円(税込)送料無料 2粒 グルコサミン1000mg 詳細
毎日活歩 毎日活歩 3,780円(税込) 3,289円(税込)送料無料 4粒 グルコサミン860mg
コンドロイチン280mg
キャッツクロー20mg
詳細
グルコンEX錠プラス グルコンEX錠プラス 7,178円(税込)送料648円 6,458円(税込)送料無料 6粒 コンドロイチン900mg 詳細
アンチノビン アンチノビン 14,800円(税込) 9,800円(税込)送料無料 2粒 ミトコンドリア 詳細
キャッツクロウスカット キャッツクロウスカット 10,260円(税込)送料無料 8,925円(税込)送料無料 6粒 ハーブ 詳細
キャッツクロー キャッツクロー 4,104円(税込) 3,693円(税込) 2粒 キャッツクロー 詳細

膝痛サプリの注意点

画像2

膝痛サプリメントを販売する時には、いくつか注意しなければならない点があります。

 

サプリメントは食品扱いなので、販売時に、膝痛や関節痛への治療効果があるような書き方はできません。

 

薬のように膝痛の改善に効果があるような書き方は、サプリメントの広告では認められません。

 

サプリメントの販売にそんな規制があることを、知らない人も多いかも知れません。

 

日本の法律では、サプリメントを販売する時に、治療効果や、効能書きをつけることは、ダメだと言われています。

 

もしも、サプリメントに治療の効果があるような書き方をしていると、薬事法に違反したことになります。

 

サプリメントはあくまでも栄養補助食品なので、薬のような治療効果は無いのです。

 

また、サプリメントの成分は厚生労働省が指定している食薬区分を守ることが義務づけられています。

 

薬事法では、薬の成分として指定されたものをサプリメントに入れ、膝痛の治療にいいという売り方をすることも、禁止事項です。

 

食品は医薬品として扱うことは、一切認められていないのです。

 

医薬品と、食品は売り方も表示方法も違うものであり、食品としてのみ販売が認められているサプリメントは食品の売り方に従います。

 

対面販売や、訪問販売など、サプリメントの販売をする時には該当する事柄ですので、気をつけるようにしてください。


サプリメントと薬の違いと利用時の注意点

画像1

何となく膝が悪いけれども病院へ行く程でもないというケースには、病院の薬ではなくサプリメントを飲む人も多いでしょう。

 

サプリメントは膝痛に役立つ栄養成分が含まれているので、膝がすぐれない時にサプリメントは頼りになるものと思う人もいるのではないでしょうか?

 

薬とサプリメントは全く違うものですので、サプリメントの使い時を確認しておくことが重要です。

 

ドラッグストアで薬を買う時も、調剤薬局で処方箋基づいた薬を出してもらう時でも、薬を買う時には必ず薬剤師と対面して薬を出してもらうという形になります。

 

一方、サプリメントは食品として販売されているため、薬剤師が対面販売をすることは条件に含まれていません。

 

薬剤師との対面販売をしなくてもいいことから、サプリメントはネット販売が可能になっています。

 

薬の場合は、質問すれば薬剤師により、どの様な効果があるのかをはっきりと教えて貰えます。

 

しかしサプリメントの場合、医薬品ではないので、はっきりとこの病気に効果があると明記することはできません。

 

膝痛にいい成分が配合されているサプリメントでも、薬と違ってあくまで食品として販売しなければならないことになっています。

 

サプリメントは長く飲み続けて初めて効果が現れるようになるものであり、医薬品と違って飲んですぐに膝痛が良くなるものでもありません。

 

アレルギー持ちでもなければ、サプリメントを使ったことで副作用が発生するようなリスクはないようです。

 

気が向いたら使い始めて、好きな時に中止できることも、サプリメントのいいところです。

 


画像3